Skip to content

広島に住んで初めて応募した求人票

広島に引っ越したときのことを今でも覚えている。

私がまだ右も左も分からなかった学生だったとき。

夜の方が働きやすいからとクラブのフロアレディーの求人を見つけて応募した。

そこが最初で最後の面接で、ハキハキと答えていたらあっさり受かってしまった。

希望のシフトを組んでもらい、早速働いてみる。

学校とバイトの両立は結構きつかった。

勉強が終わってからのバイト、眠気がやばかった。

お客さんに叩き起こされることもあったし、誤ってグラスを割ってしまったこともある。

なんだかんだで迷惑をかけてしまって申し訳なく思っていたなあ。

ミスをしまくったからクビになりそうだと思い他の求人票探そうかななんて思ってた。

でも、オーナーの方が優しい人で本当に助かった。

周りの皆も「最初はそんな感じだから」とフォローしてくれた。

おかげで今でも働けている。

広島を出ない限り、ずっとここに居続けるんだろうな。

そろそろオーナーにお礼のプレゼントでもしようかと思っている。